CVS株式会社 Cyber Vision Service Inc.

電話でお問い合わせ
[受付]9:00-18:00(平日のみ)
フォームから
お問い合わせ

Menu

【製品紹介】S.A.T.(Security Awareness Training) 〜 人のスキルを強化したい中堅・中小企業様向け[クラウド型]サイバーセキュリティトレーニング 〜

カタログダウンロード

【製品紹介】S.A.T.(Security Awareness Training) 〜 人のスキルを強化したい中堅・中小企業様向け[クラウド型]サイバーセキュリティトレーニング 〜

S.A.T.(Security Awareness Training)は、実践形式のセキュリティ教育サービスです。

標的型攻撃の訓練メールを社員全員に送信し、開封状況を分析。

誤ってメールを開封してしまった従業員にはeラーニングを受講させてスキルアップを図ったり、サイバーセキュリティ対策を強化する上で知っておいて欲しい手口や対策をeラーニングで受講してもらったりすることができます。

社員全員の継続的なスキル底上げが期待できます。
 

[クラウド型]S.A.T.(Security Awareness Training):標的型攻撃訓練メール、フィッシングメール開封情報分析、eラーニングによる座学、継続的な社員スキルアップ

S.A.T.(Security Awareness Training)の3つの特長

  • イメージ図 拡大する
    イメージ図

    サイバー被害の疑似体験を通じて、セキュリティ知識が向上する

    標的型攻撃メールやフィッシングメールを疑似的に送付。誰が開封してしまったのかも分析できます。社員全員が、標的型攻撃を疑似的に体験でき、メールの開封などに一層注意することができるようになります。

  • イメージ図 拡大する
    イメージ図

    クラウド型で継続的に学習できるため、スキマ時間でスキルアップできる

    最新のサイバー攻撃パターンや、PC利用者として押さえておくべき内容など、豊富なeラーニングコンテンツを クラウド上で用意。スキマ時間で継続的に学習することができるようになるため、業務時間を有効に使えます。

  • イメージ図 拡大する
    イメージ図

    メール開封状況の可視化や、コンテンツ閲覧状況の可視化ができる

    いつ、誰が、どの時間に、どのようなメールを開封してしまったのか社員全員の怪しいメール開封リスクを可視化することができます。eラーニングコンテンツの閲覧状況も可視化できるため、スキルの均一化が図れます。

攻めの姿勢で、仕事を効率化!

サービス提供フロー (フィッシングの場合)

STEP1:フィッシングメール送付(1回目)、STEP2:eラーニングトレーニング、STEP3:フィッシングメール送付(2回目)、STEP4:eラーニングトレーニング、STEP5:フィッシングメール送付(3回目) 拡大 拡大 拡大 拡大 拡大
STEP1:フィッシングメール送付(1回目)、STEP2:eラーニングトレーニング、STEP3:フィッシングメール送付(2回目)、STEP4:eラーニングトレーニング、STEP5:フィッシングメール送付(3回目)

実施内容はカスタマイズが可能

予め用意されている標的型攻撃メールのテンプレート(30種類)の利用もOK。
自分でカスタマイズすることもできます。

イメージ 拡大する
イメージ 拡大する
イメージ イメージ

レポートによる実態チェック

イメージ 拡大する
イメージ 拡大する
イメージ イメージ

eラーニングによる座学

アメリカ発、最新のeラーニングコンテンツ。TEXTならびに音声は日本語対応済みで、コンテンツは順次拡大中。

コンテンツ一覧

セキュリティ意識向上の基礎/2018年ランサムウェア/フィッシング対策の基礎/2018年GDPR/安全なWebブラウジング/社長として抑えるべきセキュリティ/ソーシャルメディアセキュリティ/ケビン・ミトニックによるセキュリティ脅威のトレーニング/2018年モバイルデバイスセキュリティ 等、順次拡大中!

イメージ