未遂に終わったDDoS攻撃だが・・・



A massive distributed denial-of-service attack generating 809 million packets per second was recently directed
against a large European bank, according to the security firm Akamai.
アカマイによると、毎秒8億9,000万パケットを生成する大規模な分散型サービス拒否攻撃が、最近ヨーロッパの大手銀行に向けられました。

Akamai researchers call the incident a strong indicator that DDoS attacks are still an important attack vector
for cybercriminals and should remain a top security concern for companies.
いまだにDDoS攻撃がサイバー犯罪者にとって重要な攻撃ベクトルであり、企業にとって最大のセキュリティ問題であり続けるべきであるという強い指標をこの事件と呼んでいます。

In the European bank incident, which was launched against an Akamai customer that the company didn't identify,
analysts were surprised at how fast the attack scaled, jumping from a normal traffic level of
418 GB per second to 809 million packets per second in just two minutes,
with the entire attack lasting for less than 10 minutes, according to the report.
アカマイの顧客を相手に発覚したヨーロッパの銀行事件では、アナリストは攻撃がどれほど速く拡大したかを知り、
通常のトラフィックレベルである毎秒418 GBから毎秒8億800万パケットに急増しました。
攻撃全体の持続時間は2分で、10分未満です。

Akamai helped the bank mitigate the attack, so there was no disruption to the bank's network or services and
no damage to its infrastructure, says Roger Barranco, vice president of Akamai's global security operations.
アカマイは銀行が攻撃を緩和するのを助けたので、銀行のネットワークやサービスに混乱が生じたり、
インフラストラクチャに損傷を与えたりすることはなかったらしいです。

Akamai notes that over 96% of the IP addresses utilized against the bank had not been used in other recent attacks.
アカマイは、銀行に対して利用されたIPアドレスの96%以上が他の最近の攻撃で使用されていなかったと述べています。

未遂には終わりましたが、テストの意味合いがあったのかもしれませんね…。

参考ページ:European Bank Targeted in Massive Packet-Based DDoS Attack

NEWS & TOPICS 一覧に戻る