5月のマルウェアランキング



Check Point Software Technologiesは6月15日(米国時間)、「May’s Most Wanted Malware: Ursnif Banking Trojan Ranks On Top 10 Malware List for First Time, Over Doubling Its Impact On Organizations - Check Point Software」において、2020年5月のマルウェアランキングを発表した。

2020年5月のマルウェアランキングは次のとおり。

2020年5月は先月に引き続き、バンキング型トロイの木馬「Dridex」が1位となり、これに高度なRATである「Agent Tesla」が2位、Monero暗号通貨マイナー「XMRig」が3位で続いた。

順位 トップマルウェア 前月比較
1 Dridex
2 Agent Tesla
3 XMRig
4 Formbook
5 Ursnif
6 Emotet
7 Trickbot
8 Ramnit
9 Glupteba
10 Lokibot
 
順位 脆弱性 前月比較
1 MVPower DVR Remote Code Execution
2 OpenSSL TLS DTLS Heartbeat Information Disclosure (CVE-2014-0160; CVE-2014-0346)
3 Web Server Exposed Git Repository Information Disclosure
4 Dasan GPON Router Authentication Bypass (CVE-2018-10561)
5 Draytek Vigor Command Injection (CVE-2020-8515)
6 Apache Struts2 Content-Type Remote Code Execution
7 PHP DIESCAN information disclosure
8 OpenSSL Padding Oracle Information Disclosure
9 PHP php-cgi Query String Parameter Code Execution
10 D-Link DSL-2750B Remote Command Execution
 
順位 モバイルマルウェア
1 PreAmo
2 Necro
3 Hiddad
参考ページ:新型コロナウイルス関係の攻撃は減少 - 5月マルウェアランキング

NEWS & TOPICS 一覧に戻る