警告メールを無視?して、ランサムウエアに感染・被害拡大



Unfortunately for the city of Florence, Alabama (population: 40,428),
no suave secret agent swooped in to save the day. Ten days after
receiving an alert that hackers were inside its systems, the city was
hit by crypto-locking malware, disrupting the city's email systems and
leading to an ongoing network outage.

"The city of Florence online network is currently down.
We apologize for any inconvenience," the city's website read on Friday.
どうやら、アラバマ州のフローレンス市は、システムに侵入されているという警告を受けたにも関わらず、10日後にランサムウエア被害にあってしまい、
市のメールシステムにまで影響が出ており、いまだにロックダウン状態のようです。。。

Now the city council has approved plans to pay their attacker nearly
$300,000 in cryptocurrency in return for the twin promises of receiving
a decryption key and not seeing any city data get leaked, if indeed any
got stolen, the Florence-based Times Daily reports.
市はランサムウエア攻撃に対して、暗号化されたファイルを復号させるための鍵と、もしデータを盗んでいた場合に漏洩させないなら、
30万ドル(3000万円以上)を払う計画で承認を取ったと地元新聞が伝えました。

The city said it received an alert on May 26 that it had been hit by hackers,
after which it suffered a ransomware outbreak last Friday, on June 5.
5月26日に警告メールを受け取り、6月5日にランサムウエアの被害にあっている。
※正確なことは分かりませんが、他の記事をみると”市の行政に関連するほとんどすべての役人が警戒に耳を貸さなかった”とも書いてあります。。。

Ransomware attacks surged in 2019, with 131% more organizations falling
victim to such attacks throughout the year, compared to 2018
また、記事の中では2018年と比べると2019年のランサムウエア被害が急増しているとも書かれています。

上記のとおり海外ではかなりのランサムウエア被害があります。
日本でもワナクライってランサムウエアがあったの覚えてますか?
対岸の火事と考えるのではなく、日本でも再び大規模なランサムウエア被害がいつ出てもおかしくないと思ってます。
いざという時に役に立つアンチランサムウエア含有のソリューションがあるといいですね

参照ページ:City Pays Ransom Despite Pre-Ransomware Outbreak Hack Alert

NEWS & TOPICS 一覧に戻る