MS 6月の月例パッチを公開–129件の脆弱性に対処



129件の月例パッチで過去最大規模のようです。

今回のアップデートで対処される深刻な脆弱性は以下の通りだ。
  • CVE-2020-1181:「Microsoft SharePoint」に存在する、リモートからのコード実行を可能にする脆弱性
  • CVE-2020-1225CVE-2020-1226:「Microsoft Excel」に存在する、リモートからのコード実行を可能にする脆弱性
  • CVE-2020-1223:Android用「Word」に存在する、リモートからのコード実行を可能にする脆弱性
  • CVE-2020-1248:GDI+に存在する、リモートからのコード実行を可能にする脆弱性
  • CVE-2020-1281:Windows OLEに存在する、リモートからのコード実行を可能にする脆弱性
  • CVE-2020-1299:LNKに存在する、リモートからのコード実行を可能にする脆弱性
  • CVE-2020-1300:Windowsに存在する、リモートからのコード実行を可能にする脆弱性
  • CVE-2020-1301:Windows SMBに存在する、リモートからのコード実行を可能にする脆弱性
  • CVE-2020-1213CVE-2020-1214CVE-2020-1215CVE-2020-1216CVE-2020-1230CVE-2020-1260:VBScriptに存在する、リモートからのコード実行を可能にする脆弱性
  参照ページ:マイクロソフト、6月の月例パッチを公開--129件の脆弱性に対処  

NEWS & TOPICS 一覧に戻る