新たな攻撃ターゲットはモバイルになる?



※英語はかなり意訳していますので、ご了承ください

The shift to working from home during the COVID-19 pandemic has led to an increase in mobile
phishing campaigns, with attackers targeting remote workers whose devices lack adequate
security protections, according to the security firm Lookout.
Many of these campaigns are designed to steal users' banking credentials.
どうやら海外ではモバイルに対するフィッシングが増加傾向にあるようです。
しかもセキュリティが弱いデバイスを使ったリモートワーク者がターゲットのようだ。
そしてその多くはバンキング情報を盗み取るもののようだ。

Mobile phishing attacks increased 37% globally in the first quarter of this year,
compared to the previous quarter,
モバイルフィッシングは、2020年の1-3ヶ月は、その前3ヶ月と比べてグローバルでは37%増えた。

This spike in mobile phishing attacks is likely tied to the increasingly large
pool of remote workers using mobile devices for both personal and business purposes,
モバイルへのフィッシングが急激に攻撃が増えた背景には、多くのリモートワーカ達が
個人用とビジネス用でモバイルを使うということも要因として結びついてそうだ。

Mobile phishing attacks have become an increasingly successful model for attackers,
who often rely on spoofed websites, SMS messages, shady apps and other social
engineering techniques to target victims, the report says.
そしてモバイルフィッシングは偽サイト、SMS、アプリ、ソーシャルエンジニアリング(たぶんSNSなども含めて)などを
つかって、これまでに攻撃が成功してきたモデルなってきてるようだ。

In recent months, numerous security researchers have been tracking COVID-19-themed attacks
attempting to spread malware, including spyware and information stealers.
Not only have cybercriminals embraced these tactics, but also nation-state actors
ここ数ヶ月で、たくさんのセキュリティ調査会社などがCOVID-19 絡みの攻撃をトラックしてきたが、
サイバー犯罪者だけでなく、国家絡み(の攻撃者)もこれらのやり方をとってきた

The COVID-19 pandemic has also been a boon for attackers who target YouTube credentials,
security firm Intsights reports.
あるセキュリティ会社は、Youtubeの情報をターゲットとする攻撃者にもCOVID-19での恩恵があるとしている
(そして盗んだ情報はダークウェブで売られているとしている)

参照ページ:COVID-19 Drives Spike in Mobile Phishing Attacks: Report

NEWS & TOPICS 一覧に戻る