CVS株式会社 Cyber Vision Service Inc.

電話でお問い合わせ
[受付]9:00-18:00(平日のみ)
フォームから
お問い合わせ

Menu

LogSphinx

S.A.T. (Security Awareness Training)

代表取締役社長交代のお知らせ

CVS株式会社(代表取締役社長:那須 慎二、所在地:東京都千代田区霞が関)は、4月1日付けで、下記の通り代表取締役社長の異動を実施いたします。

1.役 職
代表取締役社長   下入佐 友彦(しもいりさ・ともひこ) (現 CVS株式会社 営業部 部長)
現代表取締役社長 那須 慎二は、Co-Founder セキュリティエバンジェリストに就任、ビジネスオーナーとして引き続きCVSをサポートしてまいります。

2.就任日
2019年4月1日

以上

Our Policy 私たちが大切にしていること

Our Policy 私たちが大切にしていること

お客様に、安心して業務に専念していただきたい。
私たちは、そんな思いから集まったセキュリティ会社です。

この度、CVS株式会社の代表取締役に就任致しました下入佐(しもいりさ)でございます。

2018年4月創業から今日を迎えられたのも、皆様方のご支援の賜物です。この場を借りて改めて御礼申し上げます。

クラウドやIoTなど急速に進化しております現代において、効果的な活用が注目されています。

その一方で、企業に対して正しいセキュリティのご提案ができているか、課題に感じております。

私たちCVSでは、日本の経済を支えている企業様に対し最新の製品、テクノロジーを用いて各企業様に適した提案をし、ご支援いただいておりますパートナー様と共に、「安全な社会」を目指した魅力のあるソリューションを提供してまいります。

今後とも、皆様方のご支援ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

CVS株式会社
代表取締役社長
下入佐友彦

6つの充実のサポート セキュリティ・まるごとパック

  • セキュリティコンサル

    01

    セキュリティ教育サービス

    日本一分かりやすいセキュリティ教育

    「ウイルス・マルウエアとは何か?」といったセキュリティ用語の基礎からセキュリティリスクの対処方法まで解説(年2回)

    詳しくはこちら
  • 出入口対策

    02

    出入口対策

    脅威から会社の情報資産を守る

    ファイアウォールのほか、URLフィルター、アプリケーション制御、アンチウイルス、ボット対策、スパム機能を実装した次世代UTMが出入口を監視

    詳しくはこちら
  • 運用保守

    03

    運用保守支援サービス

    様々な形で運用保守を支援

    ヘルプデスクやUTM設定変更など、IT管理者がいない環境であっても様々な形で運用保守を支援

    詳しくはこちら
  • 内部対策

    04

    エンドポイント対策

    パソコンをしっかりと守る

    ランサムウエア対策、サンドボックス対策でしっかりとパソコンを守る。アンチウイルスソフトとの併用も可能

  • メール

    05

    メール対策

    メールの対策もしっかりと

    コミュニケーションツールとして使えるメーラーへの移行支援にも対応

  • モバイル

    06

    モバイル対策

    セキュリティ脅威を検出、分析

    激増するモバイル端末への脅威の対策も。モバイル・デバイスを狙う高度なセキュリティ脅威を検出、分析し、リスクを軽減

わかりやすく、理解が深まる 情報セキュリティ教育 社員の理解がセキュリティ対策の第一歩

わかりやすく、理解が深まる 情報セキュリティ教育 社員の理解がセキュリティ対策の第一歩

情報セキュリティにおいて、
このような漠然とした悩みをお持ちではないですか?

  • セキュリティに関する認識が甘く、「いつか事件・事故が起こるのでは?」と不安。
  • 社員がウイルス付きメールを開き、データが暗号化されて仕事に支障をきたした。知識さえ身に付けさせておけば……。
  • Pマークなどを取得しているが、維持することが目的になってしまっている。実践的に人のセキュリティ強化を図りたい。
  • セキュリティ問題を起こして、会社の成長を停滞させたくない。
  • 社員に情報セキュリティの重要性を理解してもらい、セキュリティ問題が起こらないよう組織力を強化したい。
  • 社内で管理している大切な情報(お金、顧客情報、重要情報等)を一度しっかり整理したい。
  • 社員のセキュリティ教育がセキュリティ対策に欠かせないのはわかっている。実践的で、かつ分かりやすい教育カリキュラムはないだろうか……。

そんな悩みを抱えている方は……
「CVS 情報セキュリティ教育」をご受講ください

「CVS情報セキュリティ教育」では、「講座」と「ワークショップ」を通して
情報セキュリティが経営にとって重要であるという「気づき」と「深い理解」を提供します。

情報セキュリティ教育では、中小企業のサイバーセキュリティ最新事例を把握しているプロのセキュリティコンサルタントによる「最新被害事例と対策講座」で、サイバー被害が他人事ではないという認識を深めていただきます。

次に、ワークショップ形式でお金や顧客情報などの「自社の重要な情報資産」を洗い出し、それらがどこに、どれくらい存在しているのか、最悪の被害としてどのようなことが想定されるか、具体的にどのように対策を打てばよいのかなどを整理していきます。

一方的な研修とは異なり、自分たちの手で、自社の情報価値の重要性に気づくことで自らの行動を抑止したり、情報の取り扱いに意識的に気を付けるようにすることが狙いです。

講座内容(時間は目安です)

  1. サイバーセキュリティ講座

    60min

  2. 【ワークショップ】自社の情報資産の洗い出し

    30min

  3. 【ワークショップ】情報資産に対するリスクの洗い出し

    30min

  4. 【ワークショップ】リスクを回避するための対策方法の検討

    30min

  5. まとめ講座

    20min

「CVS情報セキュリティ教育」には、以下のような3つのメリットがあります。
全社員の情報セキュリティレベルの向上と、組織の重要な情報資産の洗い出しを同時に行います。

講座を受講するメリット①
IT初心者にも わかりやすくて面白い情報セキュリティ講座で、
社員の情報セキュリティの意識と知識が向上する

CVSは、年間100本以上の情報セキュリティ講座を開催しています。
ハッキングの実演を交えて、IT初心者にもわかりやすくて面白いと高い評価を受けています。
本講座を受けることで、社員の皆様がメールの取り扱いやネットサーフィンの危険性に気づき、
自分の行動に配慮することができるようになります。

講座を受講するメリット②
自分で手を動かしながら自社の重要な情報資産を整理するワークショップで
自社のリスクを“自分ごと”として捉えることができる

本プログラムでは集合研修だけでなく、参加型のワークショップも行います。
具体的には自社の大切な情報資産(お金や顧客情報等)を書き出していき、
これらが漏洩、喪失することで会社がどのような損失を被る可能性があるのかなどを理解していきます。
普段の業務では気づけない情報の大切さと身近なリスクに気づくことができます。

講座を受講するメリット③
情報の取り扱いルール等をその場で整理できる

棚卸した情報資産とリスク、そしてそれらへの対策を研修中に実際に整理していきます。
研修後の具体的な取り組みを明確にし、研修の受けっぱなしを防止します。

参加者の声

  • 研修を受けた職員さんからのお話では、研修の後から意識が上がった。セキュリティ関係の意識が薄かったのが、講演のあとのグループワークでは若い方から高齢の方も皆発言が意欲的にあったということで、そういう意味でもいい機会になりました。

  • 月2・3回くらいインシデントが出ていたのが、研修後今のところは出ていないです。それも成果になるのかなと。 内容的にも満足です。

インターネットと社内をつなぐ出入口対策強化 攻撃者は1本のインターネット回線から襲ってくる

インターネットと社内をつなぐ出入口対策強化 攻撃者は1本のインターネット回線から襲ってくる

インターネット上に存在する様々な脅威に対し、外部から内部への脅威、
そして内部から外部への脅威を実現することができる多段階の防御策になります。

  • 入口対策

    ファイヤーウォール

    インテリジェントなネットワーク・トラフィック技術である、ステートフル・パケット・インスペクションによりパケットを動的に検査します。

    IPS

    公開サーバやPCの脆弱性を狙う攻撃に対して、脅威の振る舞いやシグネチャに基づく、数千種類におよぶ事前対応型の防御機能を提供します。

    アンチウイルス

    クラウドベースのリアルタイムのウイルス・シグネチャとアノマリ検出機能により、ウイルスを検出/遮断。内部端末への影響を防ぎます。

  • 出口対策

    アプリケーション制御

    膨大な数のアプリケーションの中から、社内使用を許可したくないアプリケーションを制御します。(例えばP2Pやクラウドストレージなど)

    URLフィルタ

    URLによるアクセスをフィルタリングします。リスクの高いWebカテゴリへのアクセスを制御してより安全なインターネットアクセスを実現します。

    ボットウイルス

    情報漏洩発生前には、必ず外部への通信が発生します。感染したPCを検知し、C&Cサーバへの通信を検知/遮断します。

セキュリティに詳しい人が社内にいなくても大丈夫 セキュリティ運用保守 セキュリティのプロにまるごと任せて安心!

セキュリティに詳しい人が社内にいなくても大丈夫 セキュリティ運用保守 セキュリティのプロにまるごと任せて安心!

サイバーセキュリティの脅威は日ごとに増すばかりですが、
中堅中小企業のお客様には専任担当者がいらっしゃらないケースが大半かと思います。
CVSでは、お客様環境のヒアリングから最適コストでの運用保守まで、
ワンストップで提供させて頂きます。

CVSの強み

  • 情報セキュリティ専門会社のCVSがお客様に合った最適なソリューション、サービスを提供します。
  • 毎月お客様の通信状況をまとめた月次レポートをお届けいたします。

セキュリティソリューション構築

お客様の業務内容に合わせて、最適なセキュリティソリューションをご提案いたします。
業務の拡大に合わせてネットワークや環境が複雑になることによって、情報漏洩やマルウェア感染、社内外からの不正アクセス被害など、情報セキュリティにおけるリスクが高まります。
CVSではこれらの問題を解決するため、企業様の状況に応じたソリューションを構築いたします。

  • 環境調査
  • 設計
  • 構築
  • 設置工事

セキュリティ教育

社内の情報資産を守るうえで社員の教育はかかせません。
CVSでは最新のウイルス情報から攻撃手法を社員の方に理解して頂くことにより、情報資産を守る意識付けをおこなっております。

セキュリティコンサルティング

「セキュリティ対策をしたいが何からしたらいいのかわからない」
「そもそも対策方法がわからない」
このような問題を抱えている企業様へ環境に応じた製品やサービスのご提案をさせて頂きます。

保守

導入した機器のリモート保守をはじめ、24時間365日作業員が現地に駆け付けるサポートもメニュー化しております。